住宅ローンが払えなくて自殺-債務整理で解決できます!

住宅ローンが払えなくて自殺

住宅ローンが払えなくても自殺することはありません!債務整理で解決できます!

住宅ローンが払えないので、自殺したい。

 

という方もいることでしょう。

 

せっかく手に入れたマイホームですから、できれば、住宅ローンを払い終えて自分にものにしたいですよね。

 

でも、なんらかの事情により払えなくなることもよくあります。

 

家族にすまない、という気持ちもあるでしょう。

 

しかし、住宅ローンが払えないからといって、自殺してはいけません。

 

払えないのであれば、債務整理で解決すればいいのです。

 

自己破産であれば、自宅は競売にかけられ、他人のものになってしまうと思いますが、免責がおりれば借金はなくなります。

 

また、自宅を残したいのであれば、個人再生という債務整理もあります。

 

いずれにしろ、債務整理に特化した弁護士か司法書士に相談しましょう。

 

無料で相談できます ⇒ 岡田法律事務所 借金の無料相談はこちら

 

 

 

住宅ローンを苦にしての自殺

私が 、20代前半だったころ、日本のバブルがはじけて、一時期は本当に自殺が多かったです。住宅ローンを苦にしての自殺が多く、当時は年功序列で丘陵が上がり、それを見越して住宅ローンの支払いが増えていき、結果バブルがはじけ昇給も見込めずボーナスもカットされ支払いができなくなりかにして自殺というパターンが多かったと思います。当時は、私の友人ちの親でも数名 自殺をされました。残された家族は本当に可哀想で、住み慣れた家も、父親も無くし悲しさと悔しさでいっぱいだったという思います。
借金で自殺などしなくても、死ぬ気になれば何でもできます。法的手続きをし、誰にも告げずに、知り合いもいない地方で細々と人生をやり直す事もできます。借金は特別恥ずかしい事でもないです。思い込むのではなく、もっと冷静に解決方法を考えてみてください。きっとありますよ。それに 死んでしまえば全てが終わる訳では有りません。借金した本人が死んでからも その人の借金は続きます。借金で借金した本人は自殺をし、残された借金でまた自殺者が出るかも知れません。
借金で追い込まれて、冷静さをなくす事もあるかも知れませんが、残された人達の事も考えれば簡単に自殺をするより生きて何ができるかを考えてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ