借金で自殺する人の考え

借金で自殺する人の考えを否定しません

私は借金で自殺する人の考えを否定しません

借金のために自殺することが悪いことだとは思いません。
知人に父親が借金を抱えて自殺をしたという人がいますが、その知人曰く「借金が莫大すぎて、あのまま生きて返済させられることになったら私お小遣いなんてもらえなかったと思う」「父親が死んだこと自体は悲しいし、そのせいで母親は働いて大変だったけど、借金を返すためだけに働く生活よりは良かった思う」と言っているのを聞いて、その知人の考えを否定しませんでした。
最もだと思ったからです。
生きて家族に迷惑をかけるよりは、死ぬことで多少状況が改善するのであれば、自殺も選択肢の1つかと思います。
こんなことを大っぴらに言うと、保険金目当てに死ぬ人を擁護するのか、と言われそうですが、それでもいいじゃないですか。
借金の金額にもよりますが、あまりに返しきれない金額だと、借金をした人だけではなくその家族まで返済のために働いたり我慢させられたりするんですから、私だったら耐えられないと思います。
多少貧乏でもいいから、借金のことを気にしなくてすむ生活がしたいと思うはずです。
家族全員で頑張って借金を返そう!なんていうのは、映画やドラマだけの話で、現実には難しいと思います。
途中でくじけてしまうと思います。
なので、私は借金で自殺する人の考えを否定しません。


ホーム RSS購読 サイトマップ