借金の返済で困るようになってからは、「死にたい」と思うようになった

死に対しての恐怖がなくなり死にたいと思うようになった

死に対しての恐怖がなくなり、死にたいと思うようになった

子供のから「死に対する恐怖」がものすごくあった。
小学校3年生くらいの頃から、よく寝る前に布団の中で、

 

人間、いつかは死ぬんだ。

 

人間、死んだらどうなるんだろう?

 

などと考え、不安で眠れなくなっていました。
そして、「死にたくない。長生きできるように」と祈っていました。
小学校の高学年になってからは、、

 

ボクが大人になるまでに誰か「死なない薬」を作ってほしい。

 

それがダメなら、

 

ボクが大人になるまでに誰か「長生きできる薬」を作ってほしい。

 

と思っていました。

 

大人になってからも寝る前に、「人間、いつかは死ぬんだ」と思ったり、「人間、死んだらどうなるんだろう?」と考えたりして、眠れなくなることがよくありました。

 

だから、「自殺したい」なんて思ったことがない。
そんな恐ろしいこと、とてもじゃないが出来ない。

 

しかし、借金の返済で金銭的に困るようになってからは、

 

死にたい。

 

死んだほうが楽だな。

 

と思うようになりました。
あれほど死に対して恐怖を抱いていたのに、どうして「死にたい」と思うのか、自分でも不思議です。

 

逃げたい。

 

ということだと思います。

 

逃げの究極が自殺

 

なのでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ