自殺の原因 借金苦と病気の悩み

自殺の原因のトップ2は借金苦と病気の悩み

自殺の原因のトップ2は借金苦と病気の悩みだそうです

自殺の原因のトップ2は借金苦と病気の悩みだそうです。
重病になってもう先に希望が持てないし、薬を飲んでも痛みや苦しみから逃れられないという状況の時に自殺をしてしまうというのはよく分かりますが、借金なら返せばいいだけではないかと思っていました。
死ぬ気になればなんだってできるだろう、とも。
しかし十年ほど前に自分自身も多額の借金をしてしまい、毎月の返済に追われる身となりました。その時に初めて少しだけ真の借金苦について実感できました。私の場合は返済額が収入の範囲内だったために苦しいとはいっても生活は静かなものでしたが、もし収入よりも返済額のほうが大きくなって返済が滞るようになり、催促の電話や取立てなどにあうようになれば間違いなく精神を病んでしまったと思います。そうなって初めて借金で自殺する人の状態が少しだけ理解できるようになりました。
つまり自殺はしたくてしているのではない、ということです。
毎月毎月取り立てに追いかけられて、朝から晩まで借金のことで悩んで、身を粉にして働いているうちに、段々と精神力が削られていって知らず知らずのうちに気持ちが弱くなり、冷静な精神状態ではなくなっていくのです。そして気がついたら「もう死ぬしかない」という状況になっているのでしょう。
なので借金にはまった時には思い切って周囲のサポートを求めるべきだと思います。追い詰められる前に行動することが大事です。

 

 

借金苦の自殺について思うこと

 

借金を苦に自殺をする人が後を絶ちません。
とても悲しいことだと思います。

 

借金をした事情は人によって様々だと思います。
最初はほんの少しの金額。
飲み会のお金が足りなかったり、生活費が苦しかったりして、
「お給料が出たらすぐに返せるから」
そう思って消費者金融などで必要な金額を借りたのだと思います。

 

でも、金利が高く、気がつけば借金が膨らんでしまい、もうどうしても自分一人では返すことが出来ない金額になってしまった……それに気が付いた時、人は絶望します。

 

「身近な人に相談すればいいじゃないか」

 

確かにその通りです。
でも、親や兄弟、友人に心配や迷惑をかけると思ってどうしても相談出来ない人もいます。
そんな人は一人で苦しみ続けます。
そして苦しんで、悩んで、

 

「自分が死ぬことでこの借金が帳消しになるなら…」
「今の厳しい取り立てにこれ以上苦しまなくて済むなら…」

 

そう思って、自殺をしてしまうのだと思います。

 

私は、借金苦の自殺について肯定するつもりはありません。
何があろうと自ら命を絶つべきではないと思います。

 

でも、借金で首がどうにも回らなくなり、「自殺」という最悪の道を選ぶしかなかった人を理由を聞かずに一方的に責めることも出来ないと思うのです。

 

貸金業法の改定により、現在消費者金融では年収の1/3を超える借入をすることは出来なくなりました。
一見良いことのように思えますが、消費者金融での借入が出来なくなった利用者が、闇金のような暴利の業者で借入をせざるを得なくなったという現実もあります。

 

自分で返せないほどの借金を背負ってしまった人の相談に応じてくれる、しっかりとした団体が作られるといいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ