借金で自殺する必要はありません!自己破産で解決

自殺よりも自己破産

借金で自殺する必要はありません!自己破産で解決できます!

借金がかさみ自己破産後に自殺をしてしまう方はとても多くいますが、自己破産をした事がきっかけで再起をし上り詰めて社長になる方も非常に多く居ます。
自殺をしてしまえば全てに決着が付くと考えて自殺の道を選んでしまう方が多くいますが、自己破産をしたことで多くの方に未払いのままの場合が多く、泣き寝入りをさせてしまう事がありますので、自殺をされてしまっては二重の苦痛を味合わせてしまう事になります。
借金をして支払いが不能になってしまう事で正常な判断が出来ず、全ては終わってしまったと思ってしまいますが、昨今は自己破産の手続きはメールで相談出来る所も増えて居ますし、電話でも24時間対応の司法書士事務所や弁護士が受けて居る所もあります。
初回は無料で相談出来ますし女性専用のダイアルも設けて居ますので、自殺と言う言葉が過ったら迷わずフリーダイアル等で相談をする事をお勧めします。
借金が高額でも少額でも気軽に相談に乗ってくれる所が多いのでまずは相談する事から始めるようにします。
借金は人生の終わりと思い人に相談する事無く自殺を選ぶ方も非常に多くいますが、人に話す事によって新しい解決策を見出す事が必ず出来ますので、相談する事から再出発をすると言う発想に転換します。

 

 

 

連帯保証人に迷惑がかかるかもしれないが自己破産で整理する

世の中には、借金問題に行き詰まって自殺する人がいますが、これほど愚かなことはありません。
借金問題は、自己破産など適切な手続きを取ることで簡単に解決します。
この自己破産は、一生に一度だけという制限がないので、必要なら何度でも、自己破産して免責を受けることが出来ます。
自己破産の他にも。任意整理など色々な借金の整理法があるので、それらを使えば、何も死ななくても問題は解決するのです。

 

それでも、連帯保証人に迷惑がかかるから、どうしても破産は出来ないという人もいるでしょう。
しかし、だからと言って死んでしまってもどうにもなりません。
生きてさえいれば、お金を稼ぐことも、恩を返すこともできるのですから、死に急ぐ必要はありません。

 

例えば、自己破産した結果Aさんに500万円の損害を与えたとしましょう。
でも、その後懸命にお金を稼いで、そのAさんに500万円返すことが出来れば、金銭的な貸し借りはゼロです。
でも、死んでしまったら、そういうことも出来ません。
それを考えたら、借金問題で死ぬことは実に愚かなことなのです。

 

どうせ人間いつかは死ぬのですから、そこまで死に急ぐことはありません。
借金があれば、債務整理をして、その借金を合法的に踏み倒してしまえばいいのです。
そうやって図太く生きていくのが、人生においてもっとも大切なことだと、私は思います。

 

 

命を絶ってしまう前に自己破産の道も検討してみてください

借金を苦に自殺をする。
もしかしたら現代の日本では珍しくなくなってきていることなのかも知れません。

 

始めは少し借りただけ、次はもう少し借りただけ、でもそれがいつしかどんどん膨らんでいき、気付けば首が回らなくなる。

 

ただひたすらに借金を返済するためだけに毎日早朝から夜遅くまで働き、休む暇もなく身体はいつもヘトヘト。
遊ぶことや何かを楽しむことすらも考えもしないほど働き詰めの毎日。
こんなにも頑張っているのに借金の元本は減っている気がしない。
もう生きている意味がわからなくなる。
そしてふと頭によぎるのは「もういっそのこと死んでしまった方が楽なのではないか」ということ。

 

今あなたは人生のドン底にいます。
辛いでしょう。疲れたでしょう。
けれど考え方を少し変えてみてください。
もうこれ以上辛いことはないのではないですか。
ドン底にいるということはあとは上に浮上していくだけです。

 

何億という借金を抱えていても明るく笑ってテレビに出演している大阪の芸人夫婦をご存知でしょうか。
かつみ?さゆりというお二人です。
関西ではよくテレビで見かけますが、彼らの借金は数億円にもなります。
それでも笑っているのです。
楽しく毎日を過ごしておられるように見えます。

 

もし、どうしてももう無理だと思うのなら
命を絶ってしまう前に自己破産の道も検討してみてください。
自由は制限されてしまうかもしれませんが、また一からやり直しは出来るのです。

 

自ら命を絶ってしまえばそこで全てが終わってしまいます。
もう少しだけ、生きてみませんか?

 

 

借金のため自殺をすることもない。自己破産などで再生の道を

よく多額の借金がありそのため自殺した人のことを報じているのを目にすることがあります。私は当事者でないので、自殺まで追い込まれた詳しい情勢まではわかりませんが、自分で自分の命を絶つことはないだろうと思います。死んでしまえば借金を逃れるのでしょうが、残された家族に借金の支払いを請求されますし、そのため後々まで家族が苦しむことになります。
生きていればなんとかなると思います。借金を逃れるため、自己破産というのもあると聞いています。ただこの自己破産だと、また借金はできなくなるようです。しかし、破産の宣告を受けたなら自分の身の丈にあった生活をすればよいのではないかと思います。地道に生活していけば、その後の活路がみつかる可能性が出てくるのではないでしょうか。死んでしまっては、それで終わりです。生きていれば、再生の道が見つかる可能性があると思います。また残された者が悲しまないためにも自殺はしない方が良いと思います。
借金苦を一人で抱え込むことが、自殺につながるのだろうと思いますが、一人で悩まないで信頼のおける人に相談すれば、それなりの対策を考えてくれるのではないでしょうか。そうすれば自殺を考えなくても良いようになると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ