借金で自殺する必要はありません!債務整理で解決できます!

借金で自殺する必要はありません!債務整理で解決できます!

借金で自殺することはない!借金問題は債務整理で解決できます!

借金の困難になり、「自殺」という言葉が頭の中に浮かんでいる方へ。

 

借金なんかで自殺する必要はありません!

 

借金のために自殺することないよ!

 

死んだら何もなくなるし、何も出来なくなる。

 

家族や気のあった人と話すことも。

 

子供と遊ぶことも。

 

美味しいもの食べることも。

 

お酒を飲むことも。

 

何も出来なくなっちゃうよ。

 

まだまだやりたいことがあるでしょ?

 

せっかく生まれてきたんだから、死ぬなんてもったいないよ。

 

 

借金問題は債務整理で解決できます!

 

私自身、借金の困難になり、自殺をしようと思いました。

 

でも、やめました!

 

借金のために死ぬなんて、すごく馬鹿らしいと思ったからです。

 

借金の返済が困難になると精神的に落ち込んでしまい、生きていくのがイヤになります。
「死んだほうが楽」
「生きていても仕方がない」
そう思ったことがありました。

 

マンションの屋上にある柵に手をかけました。
「ここから飛び降りてしまおうか。そうすれば楽になるはず」
そう思って、2メートル以上の高さがある柵(フェンス?)を上ろうとしました。
しかし、飛び降りるのをやめました(思い留まりました)。

 

借金のために死ぬなんて、馬鹿らしい。
なんで、俺がしななきゃならないんだ。

 

その後、知人に借金のことを相談したら、債務整理をすすめられました。

 

債務整理のことを知ったとき、「こんな方法で借金の問題を解決できるんだ」と、興奮しました。

 

それから、任意整理をしたら、月々の返済額が大幅に減りました。

 

任意整理から約1年9カ月が経った今、この記事を書いています。

 

まだ返済中ですが、貯金が140万円ほどできました。

 

※現在、任意整理から約3年2カ月が経ちました。
貯金は51万円ほど。
借金は残り約66万円。
年明けには、月々の収入とは別にまとまったお金が入ってくる予定。

 

 

もし、このサイトを読んでいる人の中に、借金の返済が困難になり、自殺をしようと思っている人がいたら、こちらを読んでください。
借金問題のほとんどは、債務整理という借金の整理方法で解決できます。
方法はいくつかあり、どの方法がよいかは、借金の額や返済能力によって違います。
あなたの場合はどの方法がいいのか、一度、確認してみてください。

 

まずは↓のところで、債務整理に詳しい弁護士(法律事務所)を探しましょう。
こちらで探せます ⇒ 街角相談所-法律-

 

借金のことなら無料で相談できます。

 

街角相談所-法律-を開く

必要事項を記入して、借金がなくせるか、借金が減らせるかをチェック

債務整理に詳しい弁護士を探す

相談(無料)

必要であれば債務整理の手続きを依頼する

借金問題が解決!

 

 

探す気力が無いという方はこちらで相談してください!

はたの法務事務所 借金の無料相談はこちら

 

 

自殺よりも債務整理

債務整理とは借金を整理する手続きのことです。
手続きは大きく分けると4つあります。

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 特定調停

 

自己破産

「自己破産」という言葉を聞いたことがあると思います。
自己破産とは、裁判所を通して債務(借金)の返済義務をなくしてもらう手続きのこと。
破産を申し立てただけでは借金はなくなりません。
破産を申し立てた後、免責が認められろと借金の返済義務がなくなります。借金がなくなるわけです。
私の親は自己破産をしました(かなり前ですが)。現在は借金返済に追われることなく、平穏に暮らしています。

 

任意整理

任意整理とは、裁判所を通さず、債権者と交渉して借金を整理する手続きのこと。
自己破産のように借金がなくなることはありません(過払い金がある場合は借金がなくなることもありますが)。

  • 借金減額
  • (将来的な)金利カット

上記の2点について交渉していきます。
一括弁済(一括返済)か分割弁済(分割返済)のどちらかの案を出します。

 

どの債務整理にすればよいのか?

人それぞれ、置かれている状況(借金の総額、収入・支出、家族構成、保証人の有無、資産の有無など)が異なるので、一概にこの債務整理がいいとは言い切れません。
自己破産が最適という人もいれば、任意整理が最適という人もいます。
どの債務整理がいいのかは、債務整理に詳しい弁護士か司法書士に見極めてもらいましょう。
無料相談で借金の状況を説明すれば、見極めてくれます。

 

一般的に、債務整理のほとんどは、自己破産か任意整理です。
とくに資産がなければ、このどちらかで借金整理をすすめていくことになるでしょう。

 

 

自殺するくらいなら債務整理で解決

借金の返済がうまくいかないからと将来を悲観し自殺する人が出てきています。しかし、自殺しても残された家族にはそれ以上の負担となって重くのしかかることになるため、家族のことを考えてのものであれば、むしろ自殺の道を選ぶのは逆効果です。そのため、債務整理で借金の圧縮をすることが先決です。
債務整理は、過払い金請求や任意整理、自己破産、個人再生など様々な方法があります。借金の金額、借りた時期などに応じてどの道を選ぶか選択することができます。例えば、過払い金請求は金利の見直しが行われる前の金利でお金を借りていた人が主に対象となります。そのため、ここ最近の借金などの場合にはうまくいかない可能性が高くなってしまいます。任意整理は司法書士や弁護士などが債務者になり変って業者とやり取りをするため、裁判所が関与せず、官報に掲載されるなどのことがありません。そうした負担の軽さが最近注目を集めています。
住宅ローンを抱えている場合には個人再生を利用することで住宅に住みながら借金を返していくことが可能になり、圧縮も実現できます。一番わかりやすく借金をなくすことができる自己破産など、債務整理で借金を減らす道はたくさんあるのです。

 

もし、闇金の借金で悩んでいるのであれば、こちらのサイトを読んだ後、闇金案件に特化した「闇金相談所|司法書士の無料相談」に相談してください。闇金の借金問題は解決できます。上記のサイトに、闇金相談所の連絡先(電話番号)が記載されています。催促の電話、取り立て、嫌がらせに困っているのであれば、すぐにでも相談しましょう。闇金の相談なら、無料です。

 

 

借金苦で実際に自殺した人

私は大学卒業後、大手消費者金融に就職しました。就職して数年後、地元で高校の時のクラスの同窓会があり、帰省して出席しました。同じクラスだった男性が、お酒も入り色々話をしていました。数年前に自分の父親が自殺したと言い出しました。しかも、諸費社金融や闇金から多額の借金をしていたと話してました。それは彼が高校生の頃からで、借金の取り立ての人は常に家に押しかけてきて、父親本人は居留守を使い、高校生だった彼が対応していたと言っていました。これ以上家族に迷惑をかけられないという理由で自殺されたそうです。私の同級生の彼は、父親は金融会社に殺されたと金融会社を憎んでいました。私はその時消費者金融に努めていましたが、彼に仕事を聞かれても伝えることもできず、もうこれ以上この話題で話をしたくないと思いました。そもそも、金融会社でお金を借りて返さない人が悪いので、親切に貸してくれた金融会社に返済を滞ったり憎んだりするのは筋違いだと私は思います。金融会社でお金を借りる人はそれなりの理由があり、銀行では貸してくれない、また借りてもすぐに使ってしまい、また別の所で借りるようなことを繰り返している人が多いです。人間生きているだけで儲けものというように、借金くらいで自殺するのは小さな人間というか、もったいないと思います。

 

借金からくる結末は自殺

私は自営業をしています。約10年店をしているので様々なお客さんと出会います。初めて会ったお客さんが来店を重ねて世間話をするまでになっていくのです。
その中でここ最近は悲しい出来事がたくさんありました。急死したほとんどのお客が自殺です。
世の中の不景気が人の心までも蝕んでいくのでしょうか。大抵が借金でどうしようもなくなる状態になった末での事です。50代ぐらになるとバブルの全盛期を知っていますから当時と今での生活に対応出来ないように思います。一度贅沢な生活をするとそれよりも落とせないのが人間なのです。
愛があればお金がなくてもどうにかなるというような言葉を耳にしますがお金がなければ1日も暮らせません。お金がなければ心に余裕がなくなり誰かに助けを求めます。すると親切にお金を貸してくれる人がいてまんまと借金地獄となるのです。そして犯罪に手を染め身を滅ぼしていきます。生活保護や自己破産などの選択肢もあるのでしょうがやはり人間にはプライドがありプライドが高い人ほど自殺をするように思います。
生きようと思えばどんな仕事だって、どんな生活だって出来るのですから自分のプライドを捨て毎日を一生懸命生きて欲しいと思うばかりです。

 

借金が原因で死ぬ必要があったのでしょうか

親戚の兄の話をさせてください。自営業で羽振りが良かった兄は、家庭があるにも関わらず、もう一人の相手と何十年も浮気をしていました。そして、浮気相手に子どもが出来てしまい、二重生活から抜け出すことが出来なくなっていってしまったのです。そのため、生活費を用立てるために金融会社に借金をしたのですが、結果的に返済日に間に合わずにそれを補填するために別の金融会社に借金をするという自転車操業のような状況に陥っていきました。職場にも電話がかかってきたりして取り立てが始まったために、私たち親戚のところにまで来てお金を借りるように兄はなってしまいました。そんな生活に我慢できなくなった奥さんと子どもは兄のもとを去ってしまいました。浮気相手(愛人)しか残らなくなったのですが、兄がその人のお姉さんにまでお金を借りに行ったことを知ったその愛人は、何十年も兄に養ってもらっていたにも関わらず、電話一本で兄に別れを告げたそうです。そして、誰もいなくなった家のドアノブにタオルをくくりつけて、首を吊って命を絶ってしまいました。警察から連絡が入り、駆けつけたおじさんとおばさん(兄の両親)は「何も自殺しなくても・・・親より先に行くなんて・・・」と泣いていました。自分で招いたこととは言え、残された者たちの心に深い傷を残した兄の身勝手さには納得いかないものがあります。

 

※この記事は後日、削除します

 


ホーム RSS購読 サイトマップ